君の膵臓を食べたい(劇場公開 2017年7月28日)

35262799611_0c27aee977.jpg


こんにちは。銀次郎です。

例によってこの映画も予備知識も何もなく観た映画です。

話題になってはいましたが、あえてそういった雑音は見ない聞かないようにしてました。

原作の小説も知りません。

でも泣いちゃうのはわかってました(笑)

案の定、泣きましたけど(笑)


でもこの映画、ほんと素晴らしい作品です。

・12年前の回想と現在の進行が交互に描かれる
・「桜」がキービジュアルになっている
・「星の王子さま」のメッセージが何かを暗示
・12年前に突然命を奪われた桜良の想いが、12年を経て明らかに
・純愛ラブストーリーと思いきや、それとは一線を画している

そんなドラスティックな進行と、随所にちりばめられた伏線やメッセージが作品全体を緊張感のあるものに仕上げています。


この映画を観ながら『世界の中心で愛を叫ぶ』を思い出していました。

ただし、「セカチュー」では女の子が病気になるのが物語の途中からなのに対し、「キミスイ」では最初から病気の設定である点や、
セカチューでは闘病の末になくなってしまうのに対し、キミスイではある日予期せぬ事件で命を奪われてしまうあたりがまったく異なってますが。
それでも僕の中ではセカチューを彷彿とさせました。


「桜は散ってから、実はその3ヶ月後くらいには次の花の芽をつけるんだよ。
 だけどその芽は一度眠るの。
 暖かくなってくるのを待って、それから一気に咲く。
 桜は咲くべき時を待ってるんだよ」

この桜良の言葉はエンディングを見事に演出した伏線でしたね。

物語の最後の最後で桜良の本当の気持ちがわかり、すっきしした気分になれましたし、「僕」が桜良の親友 恭子と友達宣言したことも安堵をもたらせてくれました。

ラストシーンが暗示めいた終わり方だったり、観る人の創造に任せるような終わり方ではないあたり、涙しながらも納得感のある締めくくりは万人に受けたのではないでしょうか。


主演の浜辺美波と北村匠海の二人はまったく知りませんでした。

僕には逆にそれがかえって新鮮に思えました。

桜良を演じる浜辺美波はかわいい女優さんですね。

演技はまだまだこれからという感じですが、逆に「ちょっと無理して背伸びしてる感」が桜良のキャラと被っててうまくマッチしてたと思います。
これからが楽しみです。

北村匠海は愛想なくぶっきらぼうで他人に興味ない生徒をよく演じてたと思います。

調べてみると小栗旬の子供時代を演じるのはTAJOMARU』に次いで二作目だとか。

次はもっと明るい役の北村匠海を見てみたいです。


『君の膵臓を食べたい』
いやあ、ほんと、何度も何度も見返したくなる、そんな映画でした。


さて、この映画は割と最近の作品で2017年7月に公開されています。

ちょうどこの頃、僕は自分の人生を打開しようと必死にもがいていたころです。

まあ今でももがいてますけども。

この頃はネットビジネスに没頭し始め、さまざまな高額塾や情報商材を買いあさりだした頃ですね。

おかげで一年半たった今でも苦しんでいるわけですが。


まあそんなことはさておき、みなさんは2017年の7月はどこで、誰と、どんな毎日を送っていましたか?



■映画データ
キャスト
  • 山内桜良 - 浜辺美波
  • 「僕」(志賀春樹) - 北村匠海 (DISH//)
  • 滝本恭子(学生時代) - 大友花恋
  • 一晴(ガム君) - 矢本悠馬
  • 宮田一晴(現在のガム君)- 上地雄輔
  • 桜良の母 ‐ 長野里美
  • 現在の恭子 - 北川景子
  • 現在の「僕」(志賀春樹) - 小栗旬
 監督 月川翔
 主題歌 Mr.Children「himawari」
 劇場公開日 2017年7月28日(日本)
 原作『君の膵臓を食べたい』住野よる

■ストーリー(ネタバレあり)

「君の膵臓をたべたい」……主人公である「僕」が病院で偶然拾った1冊の「共病文庫」というタイトルの文庫本。それは「僕」のクラスメイトである山内桜良 (やまうち さくら) が綴っていた、秘密の日記帳であり、彼女の余命が膵臓の病気により、もう長くはないことが記されていた。「僕」はその本の中身を興味本位で覗いたことにより、身内以外で唯一桜良の病気を知る人物となる。

「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、「僕」、桜良という正反対の性格の2人が、互いに自分の欠けている部分を持っているそれぞれに憧れを持ち、次第に心を通わせていきながら成長していく。そして「僕」は「人を認める人間に、人を愛する人間になること」を決意。桜良は、恋人や友人を必要としない「僕」が、初めて関わり合いを持ちたい人に選んでくれたことにより「初めて私自身として必要とされている、初めて私が、たった一人の私であると思えた」と感じていく。

しかし、余命を全うすることなく、桜良は通り魔に刺されて亡くなってしまう。